読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兵藤恵昭の blog

団塊世代のおっさんです。思いついたことを勝手に書いています。

次郎長一家による雲風亀吉・黒駒勝蔵襲撃事件(博徒史 その1)

元治元年6月、黒駒の勝蔵が平井村(豊川市平井町)の亀吉のところに逗留しているとの情報を得た次郎長は、急遽、平井襲撃を思い立った。次郎長一家に、寺津間之助、吉良の仁吉、形原の斧八一家の者を加えた、総勢34名が平井に最も近い形原の斧八一家(現在の蒲郡市形原町)に集結した。戦闘用の長さ2丈(6メートル)の竹をわざわざ西尾まで出向いて20余本も買い集める周到さである。

宝飯郡平井村に生まれた亀吉は、かつて三河ゆかりの江戸大相撲清見潟部屋に入門、雲風の藤八の四股名で、東の序二段十九枚目までいった元力士である。弟の常吉も「下路ノ常」と異名のあった渡世人である。弟の常吉はもともと次郎長とは深い因縁で結ばれていた。次郎長とは、三河放浪時に賭場荒らしの仲間同士であった。次郎長が赤坂出張陣屋(豊川市赤坂町)から探索されていた安政2年(1855年)に運悪く、新居関所に発砲した罪で捕えられて、常吉は3年後、伊豆新島に遠島になってしまう。

江戸に送られる途中の江尻の宿(静岡県清水)で、次郎長は護送役人を買収して、唐丸駕籠の常吉と密かに面会して、「遠島になったら再び生きて故郷には帰れないぞ、今夜襲うから駕籠を破れ」と強く逃亡を勧めたが、江戸相撲の年寄りの嘆願で、なんとか罪を軽くするとの兄の亀吉の言葉を信じて、ここは暴挙を慎むと涙ながら謝絶した。次郎長は、「後悔するぞ」と言って匕首を駕籠に投げ入れたが、常吉は、裁きの前の大事な時だと、匕首を返してよこした。次郎長はせっかく算段したのに怖気ついたかと匕首を拾い、別れたという。

もともと亀吉は、弟の常吉の縁もあって、次郎長との仲は悪くなかった。しかし、弟分となった勝蔵のたっての頼みとなれば、亀吉は、次郎長と敵対すること覚悟のうえで、勝蔵を匿ったのだ。これが博徒の義理というものであった。逃亡の途中で追われる勝蔵は、甲州に戻れず、中泉代官(静岡県磐田市)の御用を盾にする次郎長の居る東海道筋の駿河遠江は避けて、ここは博徒金城湯池三河に一時の安住の隠れ家を求めたのだ。それが弟分の平井の雲風の亀吉の自宅であった。

元治元年6月6日、夜が白々と明けるころ朝飯をかけ込んだ一団は、舟に乗り込み前芝海岸を目指した。勢ぞろいした清水一家勢のいでたちは、派手な飛白の単衣に、独鈷の博多帯、白股引きに、紺の脚絆を着け、頭にはそろいの府中笠をかぶり、種子島銃4挺、槍16筋を先頭に立てた物々しい陣構えであった。
午前11時ごろ前芝に到着。そこから平井村へ徒歩で向かい、亀吉の屋敷を取り囲んだ。銃声を合図に一斉になだれ込んでいった。ちょうどお昼どき、亀吉と勝蔵は、2階の座敷の障子を開け放しにして、初夏の田んぼを見ながら、亀吉が御油の遊女屋から連れてきた若い妾の酌で小宴の最中であった。護衛の子分たちもわずか6人だけであった。明らかに油断していた。

勝蔵の大岩ら股肱の子分たちは、ここは自分たちに任せて、親分は一刻も早く逃げてほしいと二人を屋外に出した。残った子分6人は死に物狂いに闘い、なます状態に切り刻まれて、憤死した。逃げた二人は水田の稲穂に隠れ、農作業の農民のなかに紛れ込み、なんとか逃げることが出来た。しかし、子分が皆殺しにされ、屋敷も滅茶苦茶に破壊されるのを目の前で傍観せざるを得なかったのだ。この以降、亀吉と勝蔵は怨念を燃えたぎらせ、清水の次郎長、形原の斧八に対する復讐に向かって燃え上っていく。

ひとつ後日談がある。次郎長は殺した勝蔵の子分たちをさらし首にして、さらに勝蔵の股肱の子分、大岩らの髪を切断して、これをかつての黒駒一党に殺害された遺族に贈った。そして父親を亡くした7歳の子供が、お父ちゃんの仇と言ってこれを打ったという。かくして、清水一家は勝どきをあげて、引き挙げていく。

後の亀吉側の資料では、この襲撃事件で、次郎長は出陣せず、形原の斧八の自宅に留まり、大政が陣頭指揮にあたった。次郎長の襲撃側は総勢43人、殺された子分は5人とある。
一方、平井亀吉側の被害は、勝蔵の子分で、大岩、治郎吉、そして亀吉の子分で、勘重、松太郎、種吉の5名が殺された。子分5名の供養墓は現在の豊川市平井町小野田の共同墓地の平野亀吉の跡を継いだ弟の常吉の墓と同じ場所にある。

写真は死亡した子分5名の供養塔(大岩・治郎吉・勘重・松太郎・種吉)

f:id:shigeaki0303:20170121190149j:plain