兵藤恵昭の blog

団塊世代のおっさんです。思いついたことを勝手に書いています。

長寿を全うした博徒・大前田英五郎という人

大前田英五郎(栄五郎とも書く)は、国定忠治より18歳、年長で忠治から「おじご」と呼ばれ、同盟関係にあり、また、忠治の保護者でもあった。大前田英五郎は、上州勢多郡大前田(現・前橋市大前田町)に生まれた。父の名は久五郎といい、家は名主の家柄で父も博徒であった。子供の頃より、火の玉小僧とあだ名され、身長高く、顔色浅く黒く、かなり肥満していたという。父、兄ともに博徒で、13歳の頃には、すでに博徒になり、関東取締出役の道案内をする佐十郎の子分になった。

博徒名)大前田英五郎  (本名)田島英五郎
(生没年)寛政5年(1793年)~明治7年(1874年)  享年82歳 病死

英五郎が15歳のとき、武州仁手村の清五郎という博徒が父の縄張りの中で、賭場を開いた。英五郎は、父の子分の栄次とともに清五郎の賭場に出かけて、そこにいた者を、清五郎と人違いして殺してしまった。そのため英五郎と栄次は、伊豆から尾張の名古屋まで逃亡し、尾張付近を転々としていた。

尾張の賭場で、尾張領の庄屋に対して賭場の貸し50両の貸金があった。英五郎と栄次は庄屋のところに貸金の取り立て談判に行ったが、その庄屋が目明しをしており、目明しを笠に着て返さない。そこで目明しが一両を包んで出したところ、目明しの妻が「ふだん、賭場の借りは払わないと言って、今回払うのは、臆病ではありませんか」と言って夫を叱りつけた。栄次は怒って、妻を斬り、英五郎はその夫を斬って、そのまま箱根近くまで逃亡した。

尾張藩の探索は急で二人は進退きわまった。この時、尾張藩から江戸屋敷へ送る銀箱が、箱根峠で強盗に奪われた。これを聞いた英五郎は、栄次とともに強盗の所在を探し、この強盗を斬って、名古屋に届けさせた。尾張藩では、前日の罪を免除して、若干の賞を与えた。以来、英五郎は犯罪を犯すと、尾張に逃げ込んで捕縛を免れた。

英五郎は賭博の罪で、佐渡の銀山人足に送られたことがある。佐渡の島破りを計画した。櫓、舵もない船で海に漕ぎ出し、両手で水をかき、なんとか対岸にたどりついた。その後、下野国へ流浪し、その地で博徒の親分をしており、のちに上州に帰った。

上州に戻った当時、派手に縄張りを拡大していたのが国定忠治である。忠治が中風で動けなくなったと聞いたとき、英五郎は手紙で「中風は不治の病で、医者も薬も益がない。」と暗に自殺を勧めた。しかし、忠治は死ぬ気になれなかったという。

旅から旅へ、半生を他国で送った英五郎は、諸国の博徒を支配下に置き、収入は寺銭よりも、博徒からの上げ銭が主に集まってくるように稼業を営んでいた。現在のフランチャイズ本部方式である。明治7年2月、大前田で病没した。享年82歳、博徒としては珍しく、長寿を保った男である。

「あらうれし、行きさきしれぬ死出の旅」
大前田英五郎の墓の側面に刻まれた辞世である。警吏に追われて、一生を終った博徒の辞世らしい。

写真は大前田英五郎の墓。周囲に英五郎の兄の要吉、父母の墓もある。前橋市大前田町の畑の中の墓地にある。

f:id:shigeaki0303:20170212113637j:plain