読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兵藤恵昭の blog

団塊世代のおっさんです。思いついたことを勝手に書いています。

ヒーロー博徒・国定忠治という人

国定忠治を、幕府代官の羽倉外記が「赤城録」で、「凡盗にあらずして劇盗なり」と言わしめたのは、忠治が相応の学問を修め、かつ剣術にも深くかかわっていたためである。「盗」とは人の守るべき道に外れていることを意味する言葉である。忠治は、赤城の山に立てこもり、代官や関東取締出役と対決した博徒として有名である。清水次郎長が半分、二足草鞋に近いような博徒であったに対し、徹底抗戦を貫き、最後は大戸関所で磔となった忠治の美学に、庶民が共感したのだろう。

博徒名)国定忠治 (本名)長岡忠次郎

(生没年)文化7年(1810年)~嘉永3年(1850年) 享年41歳

     上州大戸関所において磔刑

国定忠治は、上野国佐位郡国定村(現・群馬県伊勢崎市国定町)の富農の本百姓長岡弥五左衛門の長男として生まれ、二男の弟の友蔵が、長岡家を継ぎ、手広く糸繭商いをしていた。忠治は10歳のとき、父親が死亡し、母親に育てられた。忠治が17歳のとき、放蕩から、人を殺め、無宿となる。25歳のとき、島村(現・伊勢崎市)を地盤として、関東取締出役と通じていた島村伊三郎を闇討ちして縄張りを奪う。その後は、関東取締出役を敵に回し、兇状持ちとなった。しかし、次々と各地の賭場を手に入れ、子分500人以上と言われる勢力に拡大していった。

子分に、軍師と言われる日光円蔵、叔父の関東取締出役道案内の三室勘助とその子を殺害し、長槍が得意な板割浅太郎がいる。天保飢饉の際には、地元民救済のため、地元の分限者から金を集め、窮民に金一両と米一俵を配ったと言われる。また、地元百姓の水源である磯沼の浚渫工事を行い、地元で大賭博を開き、田部井村名主の宇右衛門を仲間に引き入れ、賭博のあがり銭で工事を完成させた。

嘉永3年(1850年)7月21日、愛妾の町の家で、忠治は中風を発症して倒れた。弟の友蔵と子分はもう一人の妾である徳の家に忠治を運び込もうとしたが、徳に断れ、やむなく宇右衛門宅に隠した。しかし、関東取締出役の手が宇右衛門宅にも迫り、遂に、忠治、町、徳、宇右衛門ら7人は捕縛される。勘定奉行池田播磨守頼方の吟味を受け、大戸関所破りの罪で忠治は大戸で磔、宇右衛門は死罪、子分は中追放、妾の徳と町は押し込めの罪が決定する。江戸伝馬町の牢から上州大戸刑場に護送される。

嘉永3年12月16日、江戸を立ち、大戸に向かった忠治一行は、囚人忠治を乗せた唐丸籠の前後に、関東取締出役が各地から集めた道案内、エタ頭浅草弾左衛門、非人頭車善七配下の総勢500人が並ぶ大行列である。忠治は、白を基調にした死出の旅装束で、唐丸籠の中で、唐更紗・紅の布団に座り、首に大きな数珠かけた人目を引く姿であった。まさに歌舞伎役者並みである。

12月21日早朝、大戸関所刑場で1,500人の見物客の中、車善七配下の刑吏により執行された。忠治は、槍を左右の肋に交互に受けながら、ひと槍ごとに目をカアアと見開き、十四度目にして瞑目した。

大戸刑場に曝された首と遺体は、妾の徳らの一味が刑吏を買収して、ひそかに持ち帰られ供養された。首は忠治の師匠養寿寺住職貞然が預かり、寺の庫裡の天井裏に隠したと言われている。遺体は妾の徳が自宅に隠し、その後、忠治追慕の墳を建て埋葬した。これが「情深墳」である。「情深墳」はJR伊勢崎駅近くの善應寺にある。正面には忠治の戒名「遊道花楽居士」が刻まれている。その後、大正元年(1912年)に養寿寺庫裡の修理の際、法衣に包まれた忠治の頭蓋骨なるものが発見され、大騒ぎとなった。その意味でも住職貞然の墓碑に刻まれた辞世は、意味深長である。 
  「あつかりし ものを返して 死出の旅」

写真は国定忠治の墓。伊勢崎市国定町 養寿寺にある。

f:id:shigeaki0303:20170222211553j:plain

f:id:shigeaki0303:20170222211645j:plain