読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

兵藤恵昭の blog

団塊世代のおっさんです。思いついたことを勝手に書いています。

品川台場建設に貢献した博徒・大場久八という人

大場久八は、韮山代官江川太郎左衛門の要請により、兄弟分である甲州豪商天野海蔵とともに、品川台場建設に協力した博徒として有名である。

博徒名) 大場久八  (本名) 森久治郎
(生没年) 文化11年(1814年)~明治25年(1892年)  享年79歳
      上州への旅の途中、現・都留市谷村において中風で死亡

大場久八は伊豆国田方郡函南村間宮の百姓栄助の長男として生まれた。28歳のとき野天博打で無宿となり、博徒となる。その頃、甲州博徒武居吃安、甲州豪商天野海蔵と兄弟分になる。その後、伊豆に戻り、結婚するが、妻・志津の弟が、東海道随一の貸元と言われた丹波屋伝兵衛である。

35歳のとき、兄弟分の桐生半兵衛を殺害した田中村岩五郎・石原村幸次郎と遠江国岡田村(現・磐田市)で決闘し、両名に深手を負わせた。またその頃、上州博徒大前田英五郎の暗殺を謀った御宿の惣蔵を殺害し、英五郎と兄弟分となった。

大場久八の勢力圏は駿河、伊豆、甲州武州、相州の5カ国に及び、子分3,000人以上、当時の三大博徒である、上州の大前田英五郎、伊勢の丹波屋伝兵衛と並ぶ博徒の一人である。台場建設の貢献で、韮山代官江川から支配地の御用・二足草鞋の要請もあったが、「骨が舎利になっても二足の草鞋は履かない。常に人の下に立つ」の信念でこの申し出を拒絶している。

日常の食事・服装は質素を重んじ、食事は常に一食一菜、服は木綿着で生涯を通した。これを聞いた武州博徒・小金井小次郎が村山織二反を送り届けたが、ありがたく受領しただけで一向に着ることはなかった。慶応4年には武州甲州の子分30人からなる「辰巳隊」を編成し、新撰組近藤勇が率いる甲陽鎮撫隊に加わったという。当初「辰巳隊」は食糧運搬任務の後方部隊だったが、本隊の相次ぐ脱走に伴って、戦闘にも参加することとなった。これは関係の深い韮山代官江川英龍の秘蔵子の松岡磐吉との関係があったためと言われている。

甲陽鎮撫隊の大敗ののち明治以後、久八は跡目を三島の玉屋佐十郎に譲り、博徒の足を洗い、百姓として余生を暮らす。明治25年12月3日、上州への旅の途中、山梨県南都留郡谷村町の旅籠で中風で倒れ、死亡した。久八は反次郎長派の博徒である。次郎長が保下田の久六を殺害した際、久八は富士宮に子分を集め、次郎長に敵対した。次郎長は大政、八五郎の3人で富士宮に向かい、面談を申し込むが拒絶され、理論家の大政のみが面談して久六を説得したという。その意味でも、久六は侠客の流れにある博徒というのは言いすぎであろうか。

下の写真は大場久八の墓。田方郡函南町間宮 広渡寺にある。
戒名「信禮院義誉智仁徳善居士」である。

f:id:shigeaki0303:20170318215738j:plain