兵藤恵昭の blog

団塊世代のおっさんです。思いついたことを勝手に書いています。

喧嘩しない大親分博徒・蕎麦亀という人

博徒というと国定忠治、黒駒勝蔵、清水次郎長などの名しか思いつかない人がほとんどだろう。しかし、世間的に名も知られていないが、博徒として歴史に名を残しても良い博徒がいる。歴史的有名人だけが優れているのではない。無名でも優れた博徒がいる。特に博徒は喧嘩を華とするため、抗争、喧嘩をしない博徒は歴史に残らず、忘れ去られることが多い。
 
そんな博徒の一人として、喧嘩をしないことを信条とし、大親分となった博徒・伊野亀吉がいる。この博徒については、増田知哉氏著書「侠客・博奕打ち物語」に記載されている。亀吉は、八王子、三多摩地区一帯を縄張りとする博徒で、江戸、甲州、伊豆、上州まで名を知られた博徒である。
 
博徒名) 通称・蕎麦亀   (本名) 伊野亀吉
(生没年) 天保7年(1838年)~明治32年(1899年)
       享年64歳で病死。
 
伊野亀吉は初め、甲州一の宮万兵平の子分となり、博徒の道に入る。亀吉25歳のとき、親分万平が死亡してからは、伊豆の大場久八の身内となった。明治になって大場久八も博徒から足を洗ったため、故郷の八王子に戻り、蕎麦屋を営む傍ら博徒稼業をして、徐々に子分たちも増えた。亀吉は腰の低い温和な親分で、いつもニコニコし、乞食が来ても「旦那」と呼んだという。
 
亀吉が言うには、「喧嘩などするとはどうしたことか、喧嘩して勝ったところで、殺してみたところで、それでどうなるわけではない。甲州近くのこの辺りは気の荒い所で、喧嘩が多いが、喧嘩にならぬように捌いてゆく。喧嘩すれば、逃亡とか、土地を失うことにもなる。喧嘩すれば仇にされるが、仇は博奕場にされる。なんの得にもならず、そんなことではいけない。」と言っていた。その証拠に亀吉の身体には喧嘩傷一つとしてなかったという。
 
亀吉も60歳近くになり、跡目を「曲七」に譲った。「曲七」の本名は内田七太郎と言い、本業が曲物屋だったところから曲七と呼ばれた。一方、亀吉は蕎麦屋を営み、晩年、「蕎麦屋の爺さん」と呼ばれた。ここの蕎麦の盛り一杯はよその二杯分あり、繁盛し、職人の給料もよそより高かった。
 
この爺さんがあるとき、曲七の所に立ち寄った。親分の曲七は留守で子分だけしか居なかった。子分たちが仲間内で博奕をやっていたので、久しぶりにやってみたいと言うと、子分たちが「どうぞ爺さん胴を取ってください。」と言われ、少し眼が悪いがやってみようとサイコロを振った。筒の外にサイコロが出ている。子分たちは「眼が悪いので気が付かないのだ」と思い、出た目に張る。これなら誰でも儲かると平気で続けた。そのうち爺さんが博奕で張った金を掻き集めて、ネンネコにくるんだ。子分たちが、「勝負しないで持って行かれては困ります。」と言うと、爺さんは、「この馬鹿野郎、俺が眼が見えないと思っているのか、そんな根性でどうなる。金は俺が持って行く。曲七が帰ったら、早速、盃を返せと言っておけ。」といって帰った。
 
驚いた子分たちは平岡という親分の兄貴分に、親分に知れないように爺さんに詫びを入れるように頼んだ。平岡の兄貴分が爺さんのところに行って、「あいつらが心違いしたそうです。このことを曲七に言っておやりになれば、大変なことになります。今度だけは勘弁してやっておくんなさい。」と言った。爺さんは、「それはぜひ止して貰いたい。あんな性根のない奴らなら、商売をするなり、かえって真人間になれる見込みがある。今、そういう手紙を書かして、曲七の所に出したところだ。」と言う。
 
「侠客・博奕打ちの物語」を書いた増田氏は、蕎麦屋の爺さんと言われた博徒・亀吉のことを、「遊侠の世界での残照の中で、博奕打ちの親分として、貴重な存在であり、博徒として相当な人物だったといってよかろう。」と記している。亀吉が居た三多摩地区には、幕末・明治期にかけて名を残した博徒がいた。最も有名なのは小金井小次郎である。スケールは小次郎に及ばないが、もう一人は小川村(現・小平市)にいた小川幸蔵である。二人とも歴史に残る博徒である。他方、亀吉は名は知られていないが、この二人の博徒に勝るとも劣らない博徒と言えるのではないだろうか。